2110年10月03日

ワンルームマンション経営による家賃収入と節税効果



 様々な投資の中でも、ワンルームマンション投資は、法的優位性の後押しも受け、長期的なライフプランの実現性が最も高い投資の一つとして、多くの投資家を生んできました。また、中古ワンルームマンションの家賃収入は、どんな金融機関の商品に比べてもダントツの利回り誇ります。
 例えば、200万円の愛車を現金で購入するとすれば、同投資家ならば愛車をローンで購入し、同時に180万円の中古ワンルームマンション(家賃3.5万円・管理費等6,500円・固定資産税25,000円(年))を現金で購入するでしょう。なぜなら、残った20万円で翌年にかかる不動産取得税(6万円前後)を支払えおつりがきますし、愛車のローン(月々2.6万円・金利2.5%・返済期間7年)が支払える上、7年後の家賃収入でもう1台の愛車のローンを支払えてしまうのです。

<新築と中古の違い>
 しかしながら、同じワンルームマンションでも、築10年〜20年の中古を購入する場合と新築を購入する場合とでは購入メリットが大きく違ってきます。
 例えば新築で家賃6.5万円のワンルームマンションを例にとってみましょう。お金の行き所といったら大体こんな感じです。

         5.0万円  オーナー家賃収入(ローン返済へ)
    家賃    0.7万円  管理費・修繕積立金として建物管理会社へ
  6.5万円  0.5万円  管理業務委託料として地方自治体へ
         0.3万円  固定資産税として地方自治体へ

オーナーは家賃収入で投資ローンを支払う訳ですが、新築のマンション価格には業者の利益が見込まれているため、ほとんどの場合、家賃収入と同等程度のローン返済が必要となります。

では、ローンを組んで新築の投資マンションを購入するメリットはどこにあるのでしょうか?それは年金目的と生命保険目的及び節税目的にあります。年金目的とは、ローン完済後の家賃収入の事です。生命保険目的とは、不動産ローン残額に対し団体信用生命保険がついていて、債務者死亡及び高度障害時等においてローン残額の全額保証を受けられる事を指します。最後に節税目的とは、所得税法の規定に基づき、確定申告の際にローン金利と建物の減価償却費という実際に自分が負担していない額を経費として計上出来る事から、結果として不動産収支分を赤字で申告する事が出来るため、一度給与から控除された数十万円程度の税金を払い戻してもらう事が出来るしくみの事です。すなわち、多くの所得税を納めている高所得者や独身者ほど確定申告によるメリットは大きくなります。

では、家賃収入と節税効果という一見相反する両方のメリットをいいとこ取りすることは可能なんでしょうか? それは大きな声で言えませんが私を含め全国にはある方法をもってそれを実現している方々がたくさんいらっしゃると言う事です。

            

不動産TOP


posted by としパパ at 22:31| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。