2017年05月23日

いわくつき物件を稼働させる



 いわくつきの物件は広告を行う不動産会社にその告知義務が課せられています。それだけにオーナーの立場にとって入居者の自殺等の事故はマンション賃貸中に最も避けたい出来事の一つです。万が一遭遇した場合、他の物件に比べ入居者確保は一段と不利になります。しかし入居募集に際しターゲットを絞り、適切な対応をとれば、入居者は確保できます。

<適切な対応とは。>
お祓いをする。
 → 入居希望者への配慮として、行う事をお勧めします。
クロス等の貼り替え及びルームクリーニングを行う。
 → クロス等は新しいものに貼り替える事をお勧めします。
事故後は、相場よりも家賃を下げる。
 → 賃料のメリットを明確にする事が重要です。あと、明確な定めはないのですが、相当数の入居者の入れ替わりまたは相当年数がたてば不動産会社による告知義務もなくなるので、相場家賃で入居者を募集出来るようになります。
生活保護受給者の入居を奨励する。
 → 賃料を単身世帯の住宅扶助額上限額以下にする。
  ※各都道府県の住宅扶助額上限額についてはこちらを参考にして下さい。

いわくつき物件は借り手がつかないと思われがちですが、決してそんな事はありません。何より賃料にメリットを感じられる方や、生活保護受給者の中には、いわく付きなど全く気にしない方などたくさんの方がいますので恐れずに賃貸に出しましょう。

            

不動産TOP

posted by としパパ at 23:34| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。